カーブ時のステアリング操作

始めのうちは、手を1回動かすごとに「ワン」「ツウ」と声をかけてみるのもよい
だろう。普通のクルマは、ステアリングのロックトゥロックが4回転以下だから、
片側で2回転以下。つまり、直進から4回手を動かすとフルロックということになる。

次に、いつでも直進状態に戻せること。これもどれくらい切っているのかわか
るのと関連しているが、「1」「2」「3」まで切っていれば、また「1」「2」「3」と戻
せば直進に戻るわけだ。限界を超えてしまったクルマを立て直すには、
動きを見る前に対処しなければならないから、直進に戻したいと思ったときに頭でいちいち考えずに戻せる必要がある。

ワインディングロードに、よく蛇行したブラックマークが残っている。
ちょっと腕に自信のあるドライバーだったら、お尻が滑り出したとき、カウンターステアを当てることはできるかもしれない。
しかし、本当に難しいのはそのカウンターステアを当てすぎてクルマが逆に滑り出したときだ。このときのクルマの動きはかなり速い。
正しいステアリング操作を覚えていなくては、とうてい対処できない。そのため。あのようなブラックマークが残ってしまったのだ。

この切り方は、さらに3つの特徴を持っている。

ひとつ目は体を安定させることができること。それは切り初めに押す(右に切る場合、左手で押している)という作業があるからだ。
右に押すと同時に、少し前方にも押している。これによってカーブの進入時に体をシートに押さえつけることができるわけだ。
ふたつ目は一度に大きく切れるということ。迎えにいったり、ちょこちょこと送ったりという手の動きがない。直進から片手で一度に240度も回せる。
3つ目は手応えがよくわかるということ。切り始めに押すことにより、どういう路面状態かがつかみやすい。
ステアリングフィールは引くより押す方がわかりやすいのだ。とことん車が好きなら→中古車 高く売る こちらから、こころゆくまでお楽しみください。

DM005_L

直進時のステアリング操作

では、直進時から説明しよう。
左右の手は、ほぼ9時15分の位置を握る。親指の付け根の膨らみでステアリングを軽く前方に押すように。
そして、親指はスポークに軽くかけておく。他の指は自然にステアリングにからめる。4本スポークだったら10時10分に近くなっても問題はない。
曲がるときはステアリングの中心と自分の両膝を結んでできた三角形の中に絶対に手を入れてはいけない。
手を持ち替えるときはもう一方の手の180度反対側を持つ。このふたつが大原則になる。
右に曲がるとしよう。まずは直進状態からそのまま両手で切る。右手が三角形の中に入りそうになったら、
その場(5時)でグリップを緩めて滑らせる。左手だけで切っていく。左手も右手のところ(5時)まできて、
もっと切る必要がある場合には右手を左手の位置の180度反対側五時)に持っていき、そこを握って切る。
さらに切る必要があれば左手は左下(7時)で待機させ、自分の握る場所がきたら握って回す。

この切り方には多くのメリットがある。

まず、どれくらいステアリングを切ったかが自分でいつもわかっていること。
当たり前のようではあるが、これは極めて重要だ。デタラメな持ち方では、コー
ナリング中にリアタイヤが滑り出して、カウンターステァを当てなくてはならな
くなったときなどのように、クルマの向きと進行方向が違っているときなどは、
どのくらいステアリングを切っているのかがわからなくなってしまうことがある。
このように切ればそれを防ぐことができるというわけだ。
車の事をいろいろ知りたいならこちら→まずはここから始めよう。

DM004_L

正確なステアリング操作

あなたは何年前に自動車教習所を卒業したのだろうか?もしかしたら、
ぼくと同じようにそんなものには通わず、自動車運転試験場に直接行って免許を取った人も多いかもしれない。
もちろん、ぼくはそのどちらでも構わないと思っているが、ひとつだけ気になることがある。

それは、ステアリングの握り方、回し方をあまりにもデタラメにやっているドライバーが多いということだ。
特に、運転経験が長いドライバーや、簡単に免許を取ることができてしまった人ほどいい加減だ。
三度の飯より車が好きなら→こちらから、車に関する情報をご覧ください。

しかも、こういったドライバーたちが始末に悪いのは、この自己流にアレンジしたステアリング操作がしっかりと体に染み付いてしまっていて、
なかなか直らないし、直そうという努力もしないことだ。
また、中には自分が普段、どうやってステアリングを操作しているかわかっていないドライバーもいるのだから頭が痛くなってしまう。

うまく、いや、正確なステアリング操作ができなければ、スポーティ走行はおろか普通にだって走れやしない。
これから正しいステアリングの握り方、回し方を説明するから、これを3日間だけ意識して練習してもらいたい。
4日目からは自分で少し注意するだけで自然にできるようになるはずだ。

DM003_L

車を自分の支配下に

多くのドライバーがこんなに前のポジションなのかと驚き、こんなに窮屈なのかと心配するだろう。しかし、これが一番安全で、一番確実な操作ができるポジションだということを覚えてほしい。こうして合わせると、どうしてもシートが折れ曲がり過ぎておなかが苦しいと感じる人は、シートスライドをもう少し前にやって、リクライニングを少し倒すいう方法もある。シート位置はなるべく高い方がいい。よく周囲が見渡せるし、各操作もしやすい。頭が天井に付かない程度に高くする。飛ばすときだけこのポジションにすればいいでしょう、という人がいる。それは間違いだ。ぼくは5m/hの渋滞の中でも、高速道路でも、サーキットを走るときでもすべてこのポジションに合わせる。どんなときでもクルマを自分の支配下に置いておかなくては安全運転にはならない。普段の運転は、クルマの性能のせいぜい20~30%しか使っていない。パニック時にはそれが急に100%を超えてしまうわけだ。それをコントロールする身構えができていなければぶつかってしまう。ヘッドレストの調節の仕方は、目と耳を結んだ延長線上にヘッドレストの中心がくるように。せっかくのヘッドレストも低い位置では衝突時に頭を受け止める効果がなくなってしまう。その他、車情報は、←こちらからどうぞ。
助手席のシートポジションも基本的にドライバーと同じでよい.足の踏ん張りを同じようにすると、クラッシュの時の安全性が高くなるから。

DM002_L

ドライビング

ドライピングにとってのフォームとはなにか。そうドライピングポジションだ。つまり、シートポジションの決め方によって、どう運転できるかが決まってしまうといっても過言ではない。まず、シートに腰かけるときには、お尻を奥にして深く座ること。これがなかなかできていないドライバーが多い。お尻の後ろに小さなバッグが入るほど隙間が空いている人がいる。気をつけるように。次に、シートスライドの合わせ方。左足をフットレストにしっかりと乗せる。そして、グーッと強く踏ん張ってみてほしい。このときに膝が確実に曲がるように調節する。また、シートの前端をももで押していてもいけない。いつものシートポジションより2ノッチか3ノッチ前になるかも知れない。なぜこんなに前にするのかというと、ふたつの理由がある。ひとつはしっかりと足で踏ん張り、いざというときでも体を{窒疋させることができるから。もうひとつは万が一クラッシュした場合にも体へのダメージを小さくするためだ。もし膝が真っすぐ伸びたまま踏ん張っていたら、小さなクラッシュでもその衝撃によって膝は負傷してしまう。次はリクライニングの合わせ方。まず背中をきちんとバックレストにつける。そのまま片手はステアリングのn時の位置を握る。このときに背中がシートから離れず、肘が曲がっていればいい。窮屈と感じるのは2.3日だけ。車、乗っていますか?←乗っていないならこちらへ。これが正しいポジションだと理解して、毎日合わせていればすぐに慣れる。また、このポジションなら長距離走っても疲れない。

DM001_L